• メールでのお問い合わせ
    • 03-5937-8866
    • 03-5937-8566

主に圧力センサ・流量センサに関連する知識を随時提供していきます。
ご参考までにどうぞご利用ください。

センサの知識一覧

流量センサの検出方式はカルマン渦式・コリオリ式・超音波式・熱式(サーミスタ式)・熱式(MEM式)など多数ございます。それぞれメリット・デメリットがあるため、用途(精度・使用媒体・流量など)によって使い分けることが必要となります。
弊社取り扱いのSensormateのフローセンサは、熱式(MEMS式)を採用しております。

圧力値は国際単位系(SI)において、 パスカル(Pa)が計量法の改正により採用されたことで各メーカーでの単位の移行が進んできております。 一方、圧力単位が完全に移行できておらず、従来から使用されている単位で表記されているデータシートも多数見受けられます(弊社製品でもpsiやbar表記が多数ございます)。そのためお求めの圧力単位に合わせる必要があるのが現状です。 下記圧力の各単位の換算表です。ご参考ください。

流量単位は国際単位系(SI)において、立法メートル毎秒が用いられていることが多いです。
半導体分野では、L/mだけでなくSLM(Standard Litter Min)・SLPM・sccmなどの単位で表記している企業も多数ございます。
流量計測の分野では、温度・圧力によって流体量が変化する(ボイル・シャルルの法則)ため、Standardいわゆる基準となる温度と圧力条件で定義する必要があります。
この基準値はメーカーによって異なるため、各メーカーに確認することをおすすめします。
弊社取り扱いのSensormateでは0℃,1atmを基準として定義しております。

お問い合わせ
お問い合わせ
ページトップへ